2013年02月21日

LEDライトの選び方

家庭で使われる電力の消費量で、照明器具が第2位と言うのは、ご存知ですか?
皆さん照明をLEDに切り替えると省エネになることは、知ってますよね。
今はいろいろなLEDライトが、販売されています。
そこで、LEDの選び方を調べてみました。参考にしてみて下さい。

光の量で選ぶ
現在使用している電球とほぼ同じ明るさになる光の量『ルーメン(Im)』で選ぶ

一般電球      電球形LEDランプ
(口金E26)     (口金E26 一般電球形)
100形        1520ルーメン(Im)以上
 60形        810ルーメン(Im)以上
 40形       485ルーメン(Im)以上
 30形       325ルーメン(Im)以上
 20形       170ルーメン(Im)以上



ミニクリプトン電球     電球形LEDランプ
(口金E17)        (口金E17小形電球形)
40形             440ルーメン(Im)以上
25形             230ルーメン(Im)以上


光の広がりで選ぶ

全配光形はリビング・ダイニングのダウンライト
ペンダントライト・フロアライトに向いています。

LEDライト左.bmp


下方向が明るいタイプは、廊下・トイレ・洗面所や
絵画・写真を照らすスポットライトに向いています。

LEDライト右.bmp


光の色で選ぶ

暖かいひかりの「電球色」、自然なひかりの「昼白色」、クールなひかりの「昼光色」。
雰囲気に合わせて選びましょう!

エネルギー消費効率で選ぶ

パッケージに示されている「エネルギー消費効率」は、1ワットの電力でどれだけの明るさ(光束=ルーメン)を発生させられるかを示しています。この値は㏐/w(ルーメンワット)で表示され、値が大きいほど省エネタイプになります。

口金サイズで選ぶ

★ここに注意!

LED照明は電気用品による危険や障害の発生を予防することを目的とした
「電気用品安全法(PSE法)」に適合した製品であることを示しているものを選びましょう!



ワンポイント
ジャガイモの切れはしで浴室の鏡がピッカピカ!!
内側から外側に円を描くようにこすってから、乾拭きします。
これで曇りにくくなる効果もあるとよ(*^。^*)

とり.bmp
posted by エコプラザ at 13:45 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
t7xo