2013年12月19日

リビングの省エネ

リビングの省エネ

リビングは一家だんらんの場。家族がいる時間が長いから、家族みんなで協力すれば、省エネ効果も大きくなります!


扇風機.jpg

エアコン

設定温度は控えめに
衣服などで調整して、設定温度をできるだけ外気温に近づけましょう。
冬は20度を目安に。

使うのは必要な時だけに
不要な時まで暖房していませんか?タイマーを上手に使ったり、外出時は早めに切るなどの 工夫をしましょう。

窓にはカーテンやブラインドを
 カーテンやブラインド、断熱フィルムで窓から出入りする熱を遮断すると冷暖房効率がアッ プします。

扇風機を上手に活用
 エアコンと扇風機を併用すると、扇風機の風が冷気や暖気を部屋中に行き渡らせるので、
 設定温度を控えめにしても冷暖房効果が上がります。

室外機の周りはふさがずに
 植木鉢やごみ箱などで吹き出し・吸い込み口をふさぐとエネルギー効率が悪くなります。

電気カーペット

人のいない部分はスイッチOFF 
 分割して暖める機能が付いている場合は、人のいない部分はスイッチOFF!!

断熱マットで効率アップ
 フローリングなどの床にじかに敷くと、熱が床に逃げて暖房効率が下がります。 カーペッ トの下に断熱マットなどを敷いて熱の逃げを防ぎましょう。


living_img10[1].jpg

こたつ

こまめに切って、こまめに温度調節
 赤外線ヒータータイプなら、すぐに暖まります。離れるときはこまめに切りましょう。

こたつ布団に、上掛けと敷布団をプラスして
 保温効果が高まり、低めの温度でも暖かくなります。

買い換えるときは
使用人数に合わせた最適サイズを
 カタログで消費電力を確認し、使用人数や部屋の広さに合わせた最適サイズを選びましょう。節約運転機能やタイマー機能などが付いたものも登場しています。


living_img12[1].jpg
posted by エコプラザ at 15:18 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
c02t